個人でできるカラス撃退法

subpage01

日本中どこでも沢山見かけるカラス。



カラスが屋根の上を歩き回ってうるさい、ゴミを散らかして困る、フンによる衛生的な問題、農作物への被害等など、問題になることがとても多いのも事実です。


カラス撃退にはカラスのことを理解することが必要になります。カラスは「鳥獣保護法」で保護されていますので、カラス撃退だといって傷つけることは法律に触れることになります。


集団で営巣してしまっている等、個人で対処出来ない場合は最寄りの役所に相談してみることも必要となる場合がありますが、個人でできる対処方法で十分なケースもあります。

まず個人でできることの一つとして、カラスを撃退するには、飛来原因を取り除くことが上げられます。


飛来原因で多いのが、カラスの餌になるものがあったり、カラスの巣作りの材料が多くあったりすることです。具体的には、巣の材料になるのは針金ハンガー、ビニール袋や雑巾布やポリエチレンの紐等を置かないようにすることで、カラスが来なくなったりすることもあります。



そして最大の飛来原因である餌となる生ゴミ。カラスは視覚で餌を探す鳥なので、生ゴミは極力外には置かないようにしましょう。どうしても置かなければいけないような場合は、ポリバケツや紙袋に入れてカラスから見えないようにする工夫や、防鳥ネットや害獣用バリケードを設置する、テグスを張り巡らせるなどしましょう。

またカラス撃退に効果のある対策方法の一つとして、「音」が上げられます。
カラスにとって危険な場所であるということを思い込ませることです。


ただ大きな音を慣らすと、騒音公害にならないように注意をしなければなりません。

害獣専用の熱感知スプリンクラーやカラスの死骸模型なども効果がありますが、カラスは頭が良く学習能力が高いので、慣れてしまうと効果が薄くなります。



根気よくカラスが来なくなるように工夫をこらすことも大切です。